LOG IN

修羅道の世界から抜け出す手はずを整えたら、他人の成長や成功が手放しで嬉しいと感じるようになった。

先日、六道輪廻について住職さんから教えてもらった。ぼくはもともとそういう考えが好きだし、解脱したいとも思っている(笑)これから我は涅槃に入ると言って死にたい。 そんなことはどうでもいいけれど、人の世の中は六道で言うところの人間道と言われている。 しかしその実情、とくに日本や沖縄を含む先進国では常に競争で消耗している。これは六道で考える

ボクが沖縄に懸ける想いは並ではないけど、熱くはしない。

さて、沖縄ブロガーミートアップ Vol.2 が無事に終わりました。いままで私は表に出ることをためらっていた人間でしたが、今年の7月を境に人前に出ることを意識するようになって3ヶ月。運良く・・・本当に運が良くて周りのスーパーな人たちとの出会いがきっかけに、沖縄ブロガーとしての役割を頂いています。 ボクが沖縄に住み続ける理由はとくにありません。そし

内側に入れるドアはない

とにかく自分に対しての不満が多い。それが私という人間です。 人に不満を言うことはないけれど、それは言わないだけで自分が見ている。見えている景色には常に不満を持っています。 そうした不満を解決するために、わたしはいつも「ドア」を探していました。 そのドアさえ見つければ、ちがう景色を見ることができる。ドアに向かう地図さえあれば、このラット

いま見えてる景色が

いま見えてる景色がすべて。 ぼくは沖縄で育児に追われながら、その合間に仕事をしている。 ブロガーとして今は書くことを仕事にしているが、もともとは「好きな場所で、好きなだけ、サーフィンをするために」を考えた結果、ネットビジネスしかないと思うところから始まった。 サーフィンの経験がぼくの人生を作ってきた。 とカッコいいことを言ってみるが、大